起業すると年収はどのくらいになるのか?

Pocket

今日は起業した場合の、あなたの年収のお話しです。

起業すると収入減による生活の不安はとても大きいものです。

実際に、この不安から起業をあきらめてしまう方も多いのです。

周囲に起業家ほとんどいない状況で、起業するとどのくらいの年収水準を確保できるのかを知ることは「心の準備」として必要でしょう。

おそらく、あなたも関心があると思います。

 

ところで、あなたは起業してどのくらいの年収があれば満足ですか?

起業家(企業家)の年収レベルを見る

起業した人の収入はどれくらいの水準なのでしょうか?

先輩起業家(企業家)のデータを見てみましょう。

下の表を見てください。

 

 

手取りの年収240万(月収ベースでは20万円)以下の方が37.5%います。

そのうち、年収120万(月収ベース10万円)以下の方は20.5%います。

もちろん、この中には定年後のシニアの方のように社会貢献などを重視しているため、収入としてはこれで十分だと考えている方もいるでしょう。

あなたは、どう思いますか?

生活の基盤を起業の収入に頼る場合、この年収水準では少し心もとない感じがします。

 

一方で、おおよそ手取り年収1千万を超えてくるような方は14.4%もいます。

サラリーマンの平均年収が420万円であることを考えると、この水準は収入面については起業してよかったと思えるのではないでしょうか。

参照:国税庁 平成27年民間給与実態統計調査

 

このデータを見て勇気づけられる方もいるかもしれませんし、起業の収入面での不安からあきらめの気持ちを持つ方もいるかもしれません。

不安を感じる方は、データによって起業への決意が左右されないことを望みます。

 

「なんとなく起業」というのは以外と多いものだからです。

そして、「なんとなく起業」した人たちは、起業家の年収水準を引き下げます。

要は、あなたの望む年収水準を実現するためにしっかりと準備を進めていけばいいのです。

望む年収を得るためには売上を上げなければならない

冒頭であなたが望む年収の水準を尋ねました。

しかし、あなたが稼ぎ出さなければ、望む年収を得ることは決してできません。

では、一体どのくらいの売上をあげれば、望む年収水準をクリアできるのでしょうか?

 

あなたのビジネスの種類により幅があるため、年収水準をクリアする売上高はひとくくりで言うことは難しいのですが、お伝えしないのでは能がないので、業種ごとの人件費と売上高の比率から計算してみます(売上高に占める人件費の割合をあらわす人件費対売上高比率はこちらの記事で解説しています)。

なお、データは創業初期に近いという理由で、従業員5名以下の企業の数値を利用しています。

また、当初から従業員を雇い入れたり、ビジネスパートナーと一緒に事業を始める場合は、望む年収はその人たちの分を加える必要があります。

 

こうして見ると、よく言う「給料の3倍稼げ」というのはそれほど非常識な数字ではないようですね。

目安としてはこの数字を使ってもいいかもしれませんが、より安全を考えて業種平均の4倍でざっくり計算するのがいいでしょう。

 

とにかく、あなたが望む給料を得るためには、望む年収の4倍もの売上をあげなければなりません。

なぜなら、あなたの給料の他に、仕入費用やお店などの賃貸料を払わなければならないからです。

 

起業するにあたってはあなたのビジネスについてのデータがほとんどないため、自分の欲しいと思う年収水準から売上を計画することも“アリ”だと思います。

このほうが、数字をいじくりまわして売上高を計画するより、ずっとモチベーションが高まると思います。

 

しかし、問題はこの売上をどうやって上げるかといった絵をあなたが描いているかです。

この絵がうまく描けていないと、あなたは生活水準ぎりぎりの年収で我慢することになるかもしれません。

だから、多くの起業家は起業直前に「販売先の確保」が大きな悩みとなってくるのです(起業家の起業直前の悩みについては「創業までにクリアすべき課題!~成功する起業家事前にすべき事」で解説しています)

まとめ

年収は約500万円以上の起業家は35%強います。

サラリーマンの平均年収420万円ですのこのレベルは超えたいものです。

しかし、満足のいく年収水準に持っていくのは意外と大変です。

年収水準が不満足な形で終わるのは、徹底的に考えていないからです。

この商品・サービスはお客様に必ず受け入れてもらえる“はず”という希望観測のもとビジネスを立ち上げでしまうのです。

あなたの扱う商品・サービスが優れていて、目標を達成したとしてもそれが長く続く保証はありません。

いつかは飽きられてしまいます。

結局、起業後のいずれかのステージでビジネスについて徹底的に考えることが必要になってきます。

 

逆に余裕のある起業の準備段階で、ビジネスについて徹底的に考え抜くことはあなたのビジネスに有利に働くことになるでしょう。

関連記事

起業志望者、起業して1~2年目の方へ!!

Pocket

あなたのビジネスを安定的に成長させるためには、起業前、遅くとも起業1~3年目までに飛躍の準備が整っていなければなりません。

そうでないと、あなたのビジネスはあまり稼げない典型的な起業で終わる可能性が高いでしょう。

 

もし、あなたが起業家として充実した人生を送りたいなら、迷わずに私共にご相談ください!!

 

神奈川県在住の起業家志望者、または創業1~2年目の起業家の方は相談料は無料です!!

毎月5名限定ですので、下のボタンをクリックして今すぐお申込ください!


無料相談を申し込む

SNSでもご購読できます。

 

「Like Page(このページに「いいね!」)」ボタンを押すと、数量限定の小冊子(無料)の入手情報などの最新情報を見逃すことがありません。

 

コメントを残す

*

CAPTCHA