手元流動性比率!手元資金は安全水準か?

もし、あなたの会社の売上がゼロになったら、どれくらいの期間持ちこたえることができるでしょうか?

 

この問いに答える経営指標に手元流動性比率というものがあります。

 

この記事を読むことで、手元流動性の

  1. 計算式
  2. 意味
  3. 目安
  4. 改善する方法

を理解することができます。

続きを読む

棚卸資産の評価方法!期末在庫価額はどう計算するのか?

棚卸資産価額がどのように算定されているか知っているでしょうか?

 

棚卸資産は、貸借対照表だけでなく、損益計算にも必要な勘定科目であるため、その評価の方法について理解することは必要です。

 

この記事を読むことで、棚卸資産の評価方法として認められた「先入先出法」、「移動平均法」、「総平均法」、「個別法」、「売価還元法」を理解することができます。

続きを読む

既存の経営者保証をはずす方法!

今ある借入金に経営者保証をしているため、不安に思う経営者の方もいるでしょう。

業績が悪化したりすると、経営者保証に対する不安が頭をもたげます。

 

「経営者保証に関するガイドライン」が公表されたことにより、経営者保証を提供しない借入が実務では定着しつつあります。

ですので、経営者保証を当たり前と思わずに、外すことを目標に行動するといいでしょう。

この記事を読むことで、既存の経営者保証を外す方法と外すことが難しい場合でもその代わりとなる方法を理解することができます。

 

続きを読む

経営者保証なしで新規借入する方法!

中小企業がお金を借りる時は、社長のあなたが連帯保証人になる必要があると思っていませんか?

保証人になった場合、経営悪化は大変なプレッシャーとなり、思い切った改善策などを講じることができません。

 

実は「経営者保証に関するガイドライン(以下、ガイドライン)」というものが公表されており、それによると一定の要件を充たす場合は経営者保証なしで新規借入できる可能性があります。

実際、令和元年度(4月から9月)の政府系金融機関における経営者保証なしの新規借入は、件数ベースで実に40%実行されています。

特に、既存の借入がなく初めて借入をするような会社は、経営者保証なしの融資を受けられるように行動すべきです。

 

当記事を読むことで、重圧を与える保証人にならないで新規借入する方法がわかります。

続きを読む

中小会計指針で決算書を作成した方がいい理由!?

中小企業の会計処理のルールに「中小企業の会計に関する指針(以下、中小会計指針)」があります。

 

中小会計指針にもとづき、決算書を作成しているところは、まだ少ないでしょう。

しかし、このルールに拠って決算書を作成している会社が少ないからこそ、適用すればあなたの会社の信用力は他と比べて各段にアップします。

 

信用力アップは、たとえば銀行から借入するときに有利に働きます。

特に、スケールアップを狙う起業家は、早い段階から中小会計指針を適用するといいでしょう。

中小会計指針を適用して、経営管理のしっかりした会社になりましょう。

続きを読む

会計処理の誤りを防止する方法

会計上のミスはその都度対処療法で対応していても、一向に減少しないことがあります。

ミスが減らないのは、単に経理の問題ではなく、会社の業務全体に弱点があるからかもしれません。

続きを読む

中小企業の実地棚卸のやり方!経営実務の基本

マンパワーの点から精度の高い実地棚卸を実施するのは難しいと考える経営者もいるでしょう。

確かに、大企業のように精度の高い実地棚卸をすぐに実行するのは、中小企業にとって難しいことかもしれません。

 

だからと言って、いい加減な実地棚卸を続けていては、実地棚卸があなたの会社にもたらすメリットを得ることができません。

 

最初から完璧な実地棚卸をしようとは考えずに、徐々に精度を高めていくといいでしょう。

それにより、在庫がないのに受注してしまうようなミスがなくなったり、過剰在庫を持たなくなるでしょう。

続きを読む

実地棚卸に必要不可欠な事前準備とは!?

実地棚卸は、多くの人員が作業に従事し、在庫の入出庫や生産ラインが停止します。

そのため、実地棚卸は、数量、品質などを正確にチェックするだけでなく、所定の時間内に完全に終わらせる必要があります。

 

正確性と速さが必要な実地棚卸が成功するためには、なによりも事前にしっかり準備しなければなりません。

 

この記事を読むと、事前準備として具体的に何をすべきかがわかります。

そして、事前に準備することにより、今までより精度の高い実地棚卸ができるようになるでしょう。

続きを読む

営業キャッシュフロー理解のコツ!キャッシュフロー計算書入門

キャッシュフロー計算書(以下、CF計算書)を作成している中小企業は、それほど多くはないでしょう。

しかし、営業キャッシュフロー(以下、営業CF)などのCF計算書に関連する言葉は、頻繁に聞くことが多いはずです。

また、自社の資金の流れを俯瞰して見たいので、CF計算書を作ろうと考えている経営者もいるかもしれません。

 

たとえ、CF計算書を作成していなくとも、営業CFを理解すると、キャッシュフローを増やすための本質的な方法がわかります。

 

この記事ではCF計算書の中で、特に重要な営業CFについて詳しく、そしてやさしく解説します。

 

この記事を読むことで、キャッシュフローを増加させ、キャッシュリッチな会社になるための根的な方法がわかります。

続きを読む

キャッシュリッチを中小企業が目指すべき理由と方法!

中小企業はキャッシュリッチ企業を目指すべきです。

他の資産は売却しないと現金化できませんし、想定した価格で売れるとはかぎりません。

しかし、現金はそのままで、即使うことができます。

現金を多く保有する企業は企業価値が高いと評価されます。

 

この記事を読むことでキャッシュリッチ企業とはどのような企業かわかります。

また、キャッシュリッチ企業を目指すべき理由や方法について理解することができます。

続きを読む