金利の負担は重くないか?純金利負担率の改善

借入金を怖いと思う経営者もいると思いますが、借入自体は企業にとって不可欠なものです。

 

とはいえ、借入金は支払利息を払わなければならないので、無計画な借入金は経営の足かせになる可能性があります。

実は、金利負担が重荷になっていないかをみる「純金利負担率」という簡単な経営指標があります。

 

この記事を読むことで純金利負担率について次のことがわかります。

  • 計算方法
  • 意味
  • 目安
  • 改善方法

 

この簡単な経営指標で適正な水準の支払利息がわかり、資金繰りの負担にならない借入れができるようになるでしょう。

続きを読む

損益分岐点からわかること!CVP分析の基本

損益分岐点を気にする経営者の方は多いでしょう。

しかし、損益分岐点だけで終わってしまうのでは有効活用しているとは言えません。

 

この記事を読むと損益分岐点について次のことがわかります。

  • 損益分岐点の本質である重要な売上と費用、利益の相互関係(CVPの関係)
  • CVPの関係から目標売上高を算定する方法
  • 損益分岐点からわかる売上高の安全度
  • CVPの関係からわかる「テコの原理」

 

損益分岐点だけでなく、算定するための考え方をマスターするとその他の有益な情報を得ることができます。

続きを読む

固定費、変動費の分け方!固変分解の方法

損益分岐点分析を知っている経営者の方は多いでしょう。

損益分岐点は、固定費と変動費を区分(固変分解)していなければ分析できません。

 

この記事を読むことで、固定費・変動費について次のことがわかります。

  • 固定費・変動費の意味
  • 固変分解する必要性
  • 固変分解の方法2選

 

固定費と変動費を理解することで、あなたの経営判断に役立つより深い会計情報を入手することができるでしょう。

続きを読む

有形固定資産回転率の改善!設備の稼働状況を的確に判断する!

あなたは所有する有形固定資産を効率的に運用しているでしょうか?

実は、有形固定資産回転率という経営指標によって、有形固定資産の稼働状況が良好か、そうでないのかがわかります。

有形固定資産回転率は判断するのが非常に難しい指標です。

 

この記事を読むことで、有形固定資産回転率について次のことがわかり、適切に判断できるよになります。

  • 計算方法
  • 意味
  • 目安
  • 改善方法

また、有形固定資産回転率は、有形固定資産を効率的に使用しているのかがわかるだけでなく、将来、設備投資する時にビジネスにどのような影響があるのかといったヒントを与えてくれるでしょう。

続きを読む

労働分配率を理解し、人材の確保と長期的な成長を両立する!

労働分配率は適正な人件費水準を示す経営指標の一つですが、コントロールが難しいのです。

難しい労働分配率について、この記事を読むことで次のことがわかります。

  • 計算方法
  • 意味
  • 目安
  • 改善法

労働分配率を理解することで、あなたのビジネスは優秀な人材を確保でき、円滑な借り入れなど資金調達にも困らなくなるでしょう。

 

続きを読む

経営分析で使う付加価値ってナニ?

自社の効率性を分析し、診断するツールとして生産性分析があります。

この生産性分析では「付加価値」というものを使います。

 

しかし、会計のその他の分野では、付加価値をほとんど使わないため、非常にとっつきにくいと感じる人もいるでしょう。

 

この記事を読むことで、付加価値の本質的な意味を理解することができ、「付加価値」を多用する生産性分析を十分に使いこなすことができるようになるでしょう。

続きを読む

人件費の削減だけで売上高対人件費比率を下げられるか!?

人件費はビジネスにおける最大のコストです。

この人件費が経営上の足かせになっているかもしれません。

従業員を解雇したり、給料を引き下げたりすることは簡単にできません。

ですので、人件費負担については十分に考える必要があります。

 

実は、「売上高対人件費比率」という簡単な指標で、人件費の負担が重くなっていないかを判断できます。

この記事を読むことで「売上高人件費比率」について次のことがわかります。

  • 計算方法
  • 意味
  • 目安
  • 改善方法

この簡単な経営指標を使い、自社の人件費負担割合を知ることで、モチベーションを下げることなく人件費の適正化を図ることができるでしょう。

続きを読む

月商からみて借入金が重荷になっていないか?借入金月商倍率!

借入金の負担が重いと感じる経営者の方は多いでしょう。

実際の返済資金を工面するために苦労しているので厳しい状態はわかると思います。

しかし、自社の状態を客観的に判断できる経営指標があれば良いと思ったことはないでしょうか?

 

実は、借入金月商倍率という簡単な経営指標を使えばわかります。

この記事を読むことで、借入金月商倍率について次のことがわかります。

  • 計算方法
  • 意味
  • 目安
  • 改善方法

借入金月商倍率で自社の状態を客観的に判断し、改善に向けて努力することで、借入金の重荷で苦しむことはなくなるでしょう。

 

続きを読む

売上債権対買入債務比率!営業上の資金収支状況は安全か?

あなたのビジネスの資金繰りが厳しいのは、営業収支が悪化しているからかもしれません。

受取手形や売掛金などの会社の主たる営業債権から得たキャッシュで支払手形や買掛金などを支払うことができると営業上の資金収支は改善します。

 

この営業上の資金収支を端的に表す指標に「売上債権対買入債務比率」があります。

この記事を読むことで、売上債権対買入債務比率について次のことがわかります。

  • 計算方法
  • 意味
  • 目安
  • 改善方法

あなたは、本質的な営業上の資金収支を改善する方法を知ることで、ビジネスの資金的な安全性を高めることができるでしょう。

 

続きを読む

自己資本利益率の改善を目指すべきか?

自己資本利益率(ROE)という経営指標で、自社の総合的な収益性を見ている人もいるでしょう。

しかし、自己資本利益率は改善方法を誤ると判断ミスをする可能性があります。

 

この記事を読むことで、自己資本利益率について次のことがわかります。

  • 計算方法
  • 判断方法
  • 意味
  • 中小企業が自己資本比率を重視すべきでない理由
  • 改善方法

 

そして、自己資本利益率の理解により、それを重視した経営に過度にこだわることなく、本質的に会社を強くする方法を知ることができます。

続きを読む