「天使バンクと鬼バンク」 銀行の本質理解で融資成功!

あなたが銀行取引を重荷に感じているとしたら、銀行を正しく理解していないことが原因かもしれません。本当の銀行を知って楽に取引できるようになりましょう。

借入れを難しくしている勘違いのタイプは二つあります。

ひとつは融資獲得テクニックの通用する範囲や必要な時間についての勘違いです。銀行対策をひとつ実行するだけで直に融資を受けられるようになる会社は極めて稀です。通常は時間をかけて小さなステップを重ね、試行錯誤することで初めて融資で苦労しない会社となることができます。

参考記事:融資獲得ノウハウ実践から資金調達成功までの道のり

もうひとつは銀行観についての勘違いです。これは融資のハードルを必要以上に高く感じ身構えてしまうことや、逆に銀行に対して社会的役割や良心を過度に期待してしまうという間違いです。このタイプの経営者は銀行の本質を知り正しい銀行観をもつことで資金調達活動の負担を軽くすることが可能です。

今回は、ふたつ目の勘違い「銀行観」に注目していきます。

続きを読む

銀行借入の提出書類で自社を理解する

融資をスムーズに獲得できない理由のひとつに、経営者が財務と資金の状況をタイムリーかつ正確に把握していないことがあげられます。

自分の会社を正しく理解することにより、融資獲得を難しくしている問題を明確にして、その解決策を実行することが可能になります。また銀行の融資先に対する心証を考えても、自社を正しく理解して素早く行動をとれる経営者に対しては、融資のハードルが低くなるというメリットがあります。

続きを読む

企業を存続させる資金管理! 起業したら「これだけ3ステップ」

創業からしばらくの間は資金的、財務的な備えが十分でないことは珍しくありません。しかし、その状態を放置するのは危険です。

今回はファイナンスがよくわからないまま経営をはじめてしまっても、生き残るための資金管理ポイントについて考えてみます。

資金管理といっても創業期の経営者が必ず押さえておくべきポイントは難しくないので、資金で致命的な失敗をしないよう基本だけはきちんと習得してください。

続きを読む

銀行融資を楽に成功させる新アプローチ

「もう少し簡単に融資を受けられたら事業にもっと集中できるはず」

そう感じている経営者は多いと思います。

これまでの資金調達では大変な思いをしてきた割になかなか希望する借入れができなかったという場合は、今までのアプローチを少し修正することで、負担やストレスを小さくしながら融資成功の可能性を大幅にアップできるかもしれません。

私が有効だと考えるのは、最初に「すべての融資に共通するシンプルな考え方」を身につける方法です。そこで押さえるべきポイントは、「銀行を理解する」、「自社を理解する」、「アピールの方法」の3つです。

続きを読む

起業しても集客にお金を使えない理由?

お金が出ていくのが怖い・・・。

今月の支払は大丈夫かなぁ?生活費だって必要なのに・・・。

創業当初は、資金も少なく心細いものです。

お金の心配があると、広告宣伝費や交際費などの出費を極力抑えようとします。

もちろん、それは決して悪いことではありません。

しかし、会社は投資して、その投資額以上のお金を回収しなければ成長しません。

節約したって、お金が入ってこなければ、いずれ手元資金は枯渇します。

もちろん、起業家向けの融資制度もあるので、それを利用することもいいでしょう。

けれども、お金が入る予定がないのに、そのお金を返せるのでしょうか?

あなたにまず、必要なのは、投資マインドかもしれません。

続きを読む

起業家精神のない人が成功する!?

起業するのになかなか踏ん切りがつかない、起業を夢見る誰でも経験することです。

一歩踏み出すことができない理由はなんでしょうか?

「食べていけるのか?」、「失敗したら恥ずかしい」

いろいろ理由があると思います。

しかし、起業した人には、これらの不安はなかったのでしょうか?

起業した人は、こういう不安を克服する勇気があり、私には「起業家精神というものがないのかもしれない」

しかし、臆病で慎重な起業家志望のあなたに合った起業の方法があります。

 

続きを読む

起業家が忙しい決定的な理由!!

ビジネスの時間を上手く管理したいと思うのに、全然余裕がない・・・。

もう、忙しくて、頭も体もヘトヘトだ。こんなことなら、起業しなければ良かったと思わず弱気になってしまいます。

忙しいのはある意味、あなたのビジネスが上手くいっている証と言えるかもしれません。

しかし、今のままでは、このような状態から脱するのは難しいでしょう。

なぜ、余裕のある社長と余裕のない社長がいるのでしょうか?

もしかしたら、あなたは、なんでも自分ひとりで「背負い込む」病に冒されてしまっているのかもしれません。

続きを読む

あなたの会社のマーケティング能力を飛躍的に高める方法

中小企業が人を雇うのは難しいものです。

どうしたらうまく売ることができるか(つまり、マーケティング)を考える人は、社長のあなた以外にはいないでしょう。

マーケティングは社長の重要な仕事であるといっても、社長自体が現場にいることが多い中小企業では、マーケティングに時間を割くことはできないものです。

しかし、発想を変えて、今ある人材で対処できないか考えて見ると打開策が見えてきます。

続きを読む