労働生産性を高める本質的方法!ビジネス効率の最大化を実現する!

昨今、「働き方改革」といった言葉をよく聞きます。

この話は経営指標で言えば、「労働生産性」の問題です。

 

昨今の厳しいビジネス環境の中で、利益を上げるなら、より少ない経営資源(人やモノなど)で実現できた方が良いに決まっています。

 

労働生産性はあなたのビジネスのパフォーマンスを知るための指標です。

しかしながら、労働生産を高めることは口で言うほど簡単なことではありません。

この記事を読むことで労働生産性について次のことがわかります。

  1. 計算方法
  2. 意味
  3. 目安
  4. 改善方法

これらを理解することで、あなたのビジネスのパフォーマンスを高めるため、本当の意味での生産性を高めるにはどうしたら良いか分かるでしょう。

続きを読む

総資本利益率の改善法!競争に勝つための効率的な利益の生み出し方

個人的な夢の実現については、目標の重要性をしっかり認識している方は多いはずです。

たとえば、2年後にフルマラソンの大会に参加することを計画しているとします。

このような場合、たとえば半年後に、15キロメートルを2時間以内で走るといった目標値を設定します。

目標を持たなければこのような計画が実現しないことは分かるので、真剣に夢を叶えたい人は誰でも目標を設定します。

 

しかし、ビジネスではなぜか目標を設定しない経営者がいます。

マラソンと同じように各段階での目標がなければ、あなたのビジネスが理想の状態に到達することは難しくなるでしょう。

中小企業は経営目標として、「総資本利益率」を使うといいでしょう。

この記事を読むことで、総資本利益率について次のことがわかります。

  1. 計算方法
  2. 意味
  3. 目安
  4. 改善方法

総資本利益率で中期(3~5年)の経営目標を設定することにより、確実にそしてより早く、あなたはビジネスの理想に到達する(ビジョンを達成する)ことができます。

続きを読む

顧客にぴったり合った価値提案ができれば、起業後に失速しない!?

value-proposition-image

あなたは起業するにあたって、顧客にどのような価値を提供できるのか考えているでしょうか?

 

顧客があなたの商品・サービスを求めるのは、よく言われるようにあなたの商品・サービスそのものを欲しいからではありません。

平たく言えば、あなたの商品・サービスを顧客が求めるのは、抱えている問題を解決できるのではと期待しているからです。

 

長くあなたの商品・サービスが愛されるようになるためには、提供できる価値とそれに対して満足する顧客を特定してから起業する必要があります。

 

そうでないと、起業後にいきなり失速する可能性が高くなりますし、そうなった場合に軌道修正が難しくなるでしょう。

続きを読む

売上債権回転期間を長期化さない資金繰り改善方法!

売上債権は回収して現金化しないと資金繰りが苦しくなります。

あなたの会社の資金繰りが厳しいのは、回収されていない滞留債権や不良債権があるからかもしれません。

とはいえ、中小企業のなかには、人材不足で手間のかかる売上債権管理を行えないところもあるでしょう。

 

実は、売上債権回転期間という簡単な経営分析指標を見ることで、滞留債権や不良債権といった異常な売上債権がないかどうかわかります。

この記事を読むことで、売上債権回転期間について次のことがわかります。

  1. 計算方法
  2. 意味
  3. 目安
  4. 改善方法

この売上債権回転期間の傾向を分析することで、資金繰りを悪化させない有効な売上債権の管理が簡単にできるようになります。

 

続きを読む

不良債権を早期に発見し、貸し倒れを防ぐ!売掛金回収管理の実践方法

商品引き渡し後の売掛金の回収について、無関心な経営者もいるかもしれません。

しかし、売掛金は実質的には得意先への貸付金と同じようなものです。

 

人にお金を貸す時に、その人がお金を返してくれるかどうかを考えない人はいないでしょう。

売掛金は貸付金とは違い、圧倒的に数は多いですが、本来は売掛金も回収できるかどうか、回収されない時にどう対処するかを事前にしっかり検討しなければならないものです。

 

期日までに入金されない売掛金は不良債権(回収困難な債権)となる可能性があり、ほったらかしにしておくと貸し倒れてしまいます。

そして、不良債権化してから対応してもほとんどお金は回収できませんし、金額が大きければ経営を危うくする可能性があります。

 

この記事では、数の多い売掛金のなかから、不良債権を早期に発見するための簡単な方法を解説します。

また、不良債権化した売掛金にどう対処していけばいいか効果的な対応策が分かります。

続きを読む

適正在庫を知り、キャッシュフローの悪化を防ぐ?棚卸資産回転期間の改善法

あなたは自社の適正な棚卸資産(在庫)の水準を知っていますか?

それは、本当に適正な水準なのでしょうか?

同業に比べて在庫を持ちすぎていませんか?

 

在庫の保有によって、売り上げの機会を逃さないことができますが、同時に在庫増はキャッシュフローを悪化(資金繰りが苦しくなる)させます。

 

キャッシュフローが悪化することで倒産リスクを高めることがないように、自社の適正な在庫水準を知り、過剰な在庫を持たないようにする必要があります。

 

棚卸資産回転期間という経営指標によって、あなたは適正な在庫水準を簡単に知ることができます。

この記事を読むことで、棚卸資産回転期間について次のことがわかります

  1. 計算方法
  2. 意味
  3. 目安
  4. 改善方法

これらを知ることで、棚卸資産回転期間に現れた危険な兆候を素早く察知し、キャッシュフローが悪化する前により効果的な対策を立てることができるようになるでしょう。

続きを読む

引退後を幸せにするためには、債務超過で廃業してはいけません!

あなたの事業は、財務に問題はないでしょうか?

後継者がいないなどの問題により、事業承継をあきらめざるを得ない、つまり廃業を選択する場合でも、債務超過であると「幸せな廃業」は簡単にはできなくなります。

 

この記事を読むと、「幸せな廃業」に向けて何をすべきかが分かります。

そして、早めに取組を開始することによりあなたのリタイア後の生活が穏やかなものになるはずです。

 

続きを読む

過剰在庫が経営を圧迫する!?在庫と利益、資金繰りとの関係

在庫を多く持てば持つほどお客様にご迷惑を掛けないので良いと思っていないでしょうか?

確かに在庫があれば、お客様を待たせることなく迅速に商品を引き渡すことができます。

しかし、一方で在庫の増加は、資金繰りをひっ迫させる可能性があります。

お客様のために良かれと思って保有している在庫があなたの経営を圧迫するかもしれません。

素晴らしい商品を永遠にお客様の所へ届けることができなくなったら本末転倒でしょう。

 

この記事を読むことで在庫について次のことがわかります。

  1. 在庫を保有することのメリットとデメリット
  2. 在庫と利益との関係
  3. 在庫と資金繰りとの関係

在庫と利益、資金の関係を深く理解することで、在庫で経営を危うくすることなく、お客様の満足度を高めていくことができます。

 

続きを読む

事業承継それとも廃業?引退後を幸せにする「公的」サポートの利用法

あなたは、事業承継あるいは廃業はその時になればなんとかなると思っていないでしょうか?

最近、中小企業の事業承継の大変さについては新聞報道されているため、分かっている経営者も増えているようです。

しかし、廃業については簡単にできると思っている人が、まだ多いのではないでしょうか?

事業承継できなければ廃業を選択せざるを得ませんが、事業承継と同様に廃業も専門知識が必要です。

けれども、中小企業経営者の多くは家族にだけ相談したり、あるいは自分一人で決断します。

 

確かに、事業承継や廃業はどこに相談すれば一番いいのか分からないと思います。

そんなあなたのために、この記事ではお金の掛からない“公的な”サポートについてお知らせしています。

 

そのような公的なサポート機関に早めに相談し、十分な対策をとることで、引退後の人生をより幸せになものにすることができます。

続きを読む