売上債権回転期間を長期化さない資金繰り改善方法!

売上債権は回収して現金化しないと資金繰りが苦しくなります。

あなたの会社の資金繰りが厳しいのは、回収されていない滞留債権や不良債権があるからかもしれません。

とはいえ、中小企業のなかには、人材不足で手間のかかる売上債権管理を行えないところもあるでしょう。

 

実は、売上債権回転期間という簡単な経営分析指標を見ることで、滞留債権や不良債権といった異常な売上債権がないかどうかわかります。

この記事を読むことで、売上債権回転期間について次のことがわかります。

  1. 計算方法
  2. 意味
  3. 目安
  4. 改善方法

この売上債権回転期間の傾向を分析することで、資金繰りを悪化させない有効な売上債権の管理が簡単にできるようになります。

 

続きを読む

不良債権を早期に発見し、貸し倒れを防ぐ!売掛金回収管理の実践方法

商品引き渡し後の売掛金の回収について、無関心な経営者もいるかもしれません。

しかし、売掛金は実質的には得意先への貸付金と同じようなものです。

 

人にお金を貸す時に、その人がお金を返してくれるかどうかを考えない人はいないでしょう。

売掛金は貸付金とは違い、圧倒的に数は多いですが、本来は売掛金も回収できるかどうか、回収されない時にどう対処するかを事前にしっかり検討しなければならないものです。

 

期日までに入金されない売掛金は不良債権(回収困難な債権)となる可能性があり、ほったらかしにしておくと貸し倒れてしまいます。

そして、不良債権化してから対応してもほとんどお金は回収できませんし、金額が大きければ経営を危うくする可能性があります。

 

この記事では、数の多い売掛金のなかから、不良債権を早期に発見するための簡単な方法を解説します。

また、不良債権化した売掛金にどう対処していけばいいか効果的な対応策が分かります。

続きを読む

適正在庫を知り、キャッシュフローの悪化を防ぐ?棚卸資産回転期間の改善法

あなたは自社の適正な棚卸資産(在庫)の水準を知っていますか?

それは、本当に適正な水準なのでしょうか?

同業に比べて在庫を持ちすぎていませんか?

 

在庫の保有によって、売り上げの機会を逃さないことができますが、同時に在庫増はキャッシュフローを悪化(資金繰りが苦しくなる)させます。

 

キャッシュフローが悪化することで倒産リスクを高めることがないように、自社の適正な在庫水準を知り、過剰な在庫を持たないようにする必要があります。

 

棚卸資産回転期間という経営指標によって、あなたは適正な在庫水準を簡単に知ることができます。

この記事を読むことで、棚卸資産回転期間について次のことがわかります

  1. 計算方法
  2. 意味
  3. 目安
  4. 改善方法

これらを知ることで、棚卸資産回転期間に現れた危険な兆候を素早く察知し、キャッシュフローが悪化する前により効果的な対策を立てることができるようになるでしょう。

続きを読む

引退後を幸せにするためには、債務超過で廃業してはいけません!

あなたの事業は、財務に問題はないでしょうか?

後継者がいないなどの問題により、事業承継をあきらめざるを得ない、つまり廃業を選択する場合でも、債務超過であると「幸せな廃業」は簡単にはできなくなります。

 

この記事を読むと、「幸せな廃業」に向けて何をすべきかが分かります。

そして、早めに取組を開始することによりあなたのリタイア後の生活が穏やかなものになるはずです。

 

続きを読む

過剰在庫が経営を圧迫する!?在庫と利益、資金繰りとの関係

在庫を多く持てば持つほどお客様にご迷惑を掛けないので良いと思っていないでしょうか?

確かに在庫があれば、お客様を待たせることなく迅速に商品を引き渡すことができます。

しかし、一方で在庫の増加は、資金繰りをひっ迫させる可能性があります。

お客様のために良かれと思って保有している在庫があなたの経営を圧迫するかもしれません。

素晴らしい商品を永遠にお客様の所へ届けることができなくなったら本末転倒でしょう。

 

この記事を読むことで在庫について次のことがわかります。

  1. 在庫を保有することのメリットとデメリット
  2. 在庫と利益との関係
  3. 在庫と資金繰りとの関係

在庫と利益、資金の関係を深く理解することで、在庫で経営を危うくすることなく、お客様の満足度を高めていくことができます。

 

続きを読む

事業承継それとも廃業?引退後を幸せにする「公的」サポートの利用法

あなたは、事業承継あるいは廃業はその時になればなんとかなると思っていないでしょうか?

最近、中小企業の事業承継の大変さについては新聞報道されているため、分かっている経営者も増えているようです。

しかし、廃業については簡単にできると思っている人が、まだ多いのではないでしょうか?

事業承継できなければ廃業を選択せざるを得ませんが、事業承継と同様に廃業も専門知識が必要です。

けれども、中小企業経営者の多くは家族にだけ相談したり、あるいは自分一人で決断します。

 

確かに、事業承継や廃業はどこに相談すれば一番いいのか分からないと思います。

そんなあなたのために、この記事ではお金の掛からない“公的な”サポートについてお知らせしています。

 

そのような公的なサポート機関に早めに相談し、十分な対策をとることで、引退後の人生をより幸せになものにすることができます。

続きを読む

起業で利用可能な制度融資を知り、創業時の資金調達先を拡大する!?

起業家は政府系の金融機関である日本政策金融公庫以外にはお金を借りることができないと思っている人もいるかもしれません。

実は、民間の金融機関も起業家のあなたにお金を貸し出します。

 

しかし、民間の金融機関が単独(プロパー融資)で貸し出すわけではありません。

都道府県(あるいは市町村)、信用保証協会と強調して、「制度融資」という仕組みで起業家を資金面からバックアップします。

 

制度融資は地方自治体単位で違いがあるため、起業家にとっては非常に分かりづらいものがあります。

 

この記事では、神奈川県及び横浜市を例に、起業家が利用可能な制度融資をやさしく解説しています。

もちろん、上記以外の地域で起業する方も制度融資の調べ方、また制度融資を受けるために何をすればいいかが分かるでしょう。

 

仮に金融公庫の融資を断られても、制度融資で資金を調達することも可能です(その逆もあります)。

制度融資を知ることはあなたの資金調達の幅を広げることになります。

 

ですから、起業家は日本政策金融公庫の融資だけでなく制度融資についても熟知し、上手に利用しましょう。

続きを読む

起業のための賢い無料相談活用法!?こんなにある公的な創業支援!

support-image

多くの人にとって、ビジネスを立ち上げるのは初めての経験になりますから、不安に感じるのは当たり前です。

起業するにあたって、

・何をすればいいのか分からない

・誰に相談すれば、役立つアドバイスを得られるか分からない

・とりあえず、お金の準備と設立の事務手続きだけ進めておこう

という起業準備者は多いでしょう。

 

しかし、スムーズに起業し、開業後も安定的な経営を続けていくためには、起業準備段階での優れた相談者の存在は欠かせません。

 

この記事を読むことで、あなたは最適な相談者を見つけることができます。

また、起業するために必要なたくさんの知識を無料で得ることができるようになります。

 

もちろん、この記事で紹介する公的な支援は起業をしようとする方だけでなく、すでに開業している方が経営支援として活用することもできます。

 

続きを読む

創業時の融資3選!~日本政策金融公庫の利用可能な融資をやさしく解説

一部のお金に恵まれた起業家を除いて、資金をどう工面するかとい悩みを抱えている起業家は多いでしょう。

・あと、5、6百万円の資金があれば起業できるのに・・・

・2、3百万あればいいんだけど・・・、少額の事業資金を貸してくれるとこはあるのかな?

日本政策金融公庫の融資は、このような起業家を資金面からサポートしてくれます。

融資に慣れていない起業初期の経営者にとって、公庫の利用可能な融資は案外分分かりにくいものです。

 

この記事では、創業期にあなたが利用可能な日本政策金融公庫の融資を3つ紹介します。

そして、この融資が実行されるまでのステップを知ることで、融資のためにあながしなければならないことが分かるようになります。

その結果、利用可能な融資制度に焦点を合わせて計画的に行動することが可能になり、あなたの起業計画を資金不足で停滞させることなくベストなタイミングで起業できるでしょう。

続きを読む

「月次決算」を経営改善にフル活用する!

不確実性が高い事業環境では、将来を高い精度で予測することは困難です。たとえ事業計画をつくり込んでだとしても、計画通りの成果が得られることは多くありません。

計画を立てることに加えて、実際の事業活動の結果を評価・分析して、軌道修正を繰り返すことがより重要になります。

タイムリーに事業活動の成果を把握でき、経営者に有用な判断材料を提供してくれる「月次決算」を活用することで、効果的な軌道修正ができるようになります。

本記事では、「月次決算」の特徴や活用法など月次管理に役立つ情報を整理しています。

続きを読む